現在、取り扱っております電気式のサウナ用ストーブを紹介していきます。

電気式サウナストーブの比較表

電気式サウナストーブの比較表になります。

画像タイプ価格出力熱源ロウリュ
電気式KIP6:¥484,000
KIP8:¥533,500
KIP6:5.5kw
KIP8:7.4kw
単相200V
電気式CILINDR06
¥720,500
5.5kw単相200V
電気式DELTA3
¥423,500
2.7kw単相200V

電気式サウナストーブの商品一覧

電気式サウナストーブを紹介していきます。

Harvia社製KIP6・KIP8(電気式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
KIP6:¥484,000
KIP8:¥533,500
電気KIP6:単相200V
KIP8:単相200V
KIP6:5.5kw
KIP8:7.4kw

Harvia社製CILINDR06(電気式)

料金タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥720,500電気単相200V5.5kw

Harvia社製DELTA3(電気式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥423,500電気単相200V2.7kw

電気式サウナストーブの特徴とメリットデメリット

電気式サウナストーブには、下記のような特徴があります。

  • 薪ストーブに比べ、メンテナンスが楽
  • 操作が簡単
  • 初期費用がかかるけれど維持費は抑えられる
  • 広いサウナより狭いサウナ向き
  • 安全性が高く屋内用におすすめ

メリットは、使いやすさと安全性の高さですがデメリットは薪ストーブと比較して熱量が低めなので温まるまでに時間がかかるという点です。

わかりやすくメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット薪ストーブより維持費が安い
メンテナンスと操作が楽
火気を必要としないので安全
デメリット初期費用がかかる
薪ストーブより温度は低い
広いサウナには向かない

どんなものにもメリットやデメリットがありますので、それをよく理解して自分に合ったものを選べるのが良いでしょう。

電気式サウナストーブの選び方のポイント

電気式サウナストーブを選ぶ際に、抑えておいてほしいポイントを解説していきます。

まず電気式サウナストーブには、100V電源のものと200V電源のものがあり、下記のような違いや特徴があります。

100Vの特徴家庭用電源で使える
セットになっていることが多い
設置が簡単
熱量は弱い
取り扱いが少ない
200Vの特徴本格的なサウナに近い
電気変換工事が必要
価格が高額

100Vだと熱量が低く、とても簡易的なサウナとしてしか使用できないので多く流通されていません。

安く販売されている家庭用サウナキットといった内容で、テントなどとセットで販売されているパターンが多いですね。

ですので、自宅で簡易的なサウナを利用したい人は100Vを、本格的なサウナを楽しみたい人は200Vのストーブを選びましょう。

屋外サウナの場合は、薪ストーブがおすすめですが屋内サウナの場合は電気ストーブを選ぶのが基本的です。

電気式サウナストーブの導入事例

電気式サウナストーブの導入事例として、下記のように屋外サウナでも電気式を導入するケースもあります。

施設の場合は、メンテナンスのしやすさや操作のしやすさや安全性を重視して電気式を選ばれるケースが多いですね。