現在、取り扱っておりますサウナ用ストーブを紹介していきます。

サウナストーブの比較表

サウナストーブの比較表になります。

画像タイプ価格出力熱源ロウリュ
電気式KIP6:¥484,000
KIP8:¥533,500
KIP6:5.5kw
KIP8:7.4kw
単相200V
電気式CILINDR06
¥720,500
5.5kw単相200V
電気式DELTA3
¥423,500
2.7kw単相200V
薪式M2
¥458,000
16.5kw
(火力)
薪式M3
¥617,100
16.5kw
(火力)

電気サウナストーブの商品一覧

まずは、電気式のサウナストーブから紹介していきます。

Harvia社製KIP6・KIP8(電気式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
KIP6:¥484,000
KIP8:¥533,500
電気KIP6:単相200V
KIP8:単相200V
KIP6:5.5kw
KIP8:7.4kw

Harvia社製CILINDR06(電気式)

料金タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥720,500電気単相200V5.5kw

Harvia社製DELTA3(電気式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥423,500電気単相200V2.7kw

薪サウナストーブの商品一覧

続いて、薪ストーブになります。

Harvia社製M2(薪式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥458,00016.5kw
(火力)

Harvia社製M3(薪式)

価格タイプ熱源出力(kw)ロウリュ
¥617,10016.5kw
(火力)

サウナストーブの特徴とおすすめな人

サウナストーブには、タイプによって以下のような特徴があります。

電気
メリット温まるのが速い
炎によるリラックス効果がある
電源などがなくても使用できる
キャンプでも使える
メンテナンスが楽
コストが低い
操作が簡単
一酸化炭素の心配がない
デメリットメンテナンスが手間
薪代がかかる
煙突の設置が必要
安全への注意が必要
初期費用がかかる
温まりにくい

特徴を見て行くことで、タイプによって向いているサウナのタイプがわかってきますね。

薪が広めの屋外サウナ向きで電気ストーブが屋内の小型サウナに向いています。

屋外の本格的なサウナを望む人は薪タイプ、屋内で楽しみたい人は電気タイプがおすすめです。

サウナストーブの選び方のポイント

実際にサウナストーブを選ぶ際には、どういったポイントを意識すれば良いのでしょうか?

まず大切なのは、設置したい場所の条件に合うかどうか?という点です。

タイプ別に設置に必要な条件は、以下のようになります。

タイプ設置に必要な条件
・火を使っても大丈夫な場所か
・薪を入手しやすいか、保管場所は確保できるか
電気・電源を用意できるか
・200V電源に変換できるか

電気ストーブの場合、家庭用の電源では100Vと不足しているため200V電源へと変換する工事が必要となります。

そういった電源工事の必要性や安全性を考えると、屋内の場合は基本的に電気を選ぶと良いでしょう。

屋外サウナの場合は、電源の確保が難しい場合が多く反面、煙突を設置しやすく安全性を確保しやすいため薪ストーブを選ぶのが良いでしょう。

薪ストーブはより本格的なサウナを味わうことができるので、サウナに強いこだわりのある人は屋外サウナと薪ストーブの組み合わせが最もおすすめです。

サウナストーブの導入事例

準備中