バレルサウナに使用されている木材は、いくつか種類があります。

取り扱われている木材の特徴などの違いを見ていきましょう。

sa!unaで扱うバレルサウナの木材別特徴の比較表

サウーナで扱っているバレルサウナの木材別を、特徴などを中心に比較表で見ていきましょう。

木材(使用例)産地価格面強度・耐久性保温性
熱伝導率
色・木目香り

パイン(松)
世界各地低価格
サウーナオプション
+0円
強度:弱め保温性:中
熱伝導率:低い
淡黄褐色ないし
桃褐色
産地による

ツガ
北米、日本比較的低価格
サウーナオプション
+50,000円(2.3mまで)
+75,000円(2.4m以上)
強度:中保温性:中白色
美しい
良い・強め

レッドシダー
アメリカ産が多い中価格
サウーナオプション
+120,000円(2.3mまで)
+180,000円(2.4m以上)
耐久性:高い保温性:高い美しい

ヒノキ
日本高め
サウーナオプション
+300,000円
耐久性:高い熱伝導率:低い淡黄色
美しい
かなり良い

さらに各木材の特徴などを、詳しく見て行きましょう。

パイン(松)木材の特徴

パイン(松)の主な特徴は、以下のようなものです。

  • ねじれやすい
  • 比較的安価
  • 加工しやすい
  • 肌触りが良い
  • 年数で風合いが変わる

建材としては最もポピュラーなイメージの松ですが、扱いやすく比較的安価な反面ねじれを起こしやすく強度も他の木材と比較すると低めです。

サーモウッド加工を施すと、非常に強度が上がるためパインを使用の際は加工オプションがおすすめです。

また、長期間使用することで風合いが変わるため、その変化を楽しむアンティーク家具にも多く使用されています。

  • コストを抑えたい方
  • 経年の風合いを楽しみたい方

ツガ木材の特徴

ツガの主な特徴は、以下のようなものです。

  • 硬く強度が高いが加工が難しい
  • 狂いが生じやすい
  • 木目が美しい

強度が高いため、建材として多く使われていますが非常に硬く加工が難しいため職人さんからの人気は少し低めだそう。

ご神木としても使われたり、樹皮からタンニンを取り漁網を染めるのに使用されるなど古くから愛されている木材です。

ツガがおすすめな方は、以下のようなタイプの方です。

  • 高い耐久性を求める方
  • 木目を生かしたサウナを作りたい方

レッドシダー木材の特徴

  • 断熱効果に優れている
  • 耐久性が高い
  • 風雨に強く腐敗しにくい

シダーは雨風に強く、高い耐久性があり腐敗もしにくいとされている木材です。

サウナ内部の高い温度にも強く、膨張や収縮を起こしにくいので非常にサウナ向きであると言えます。

レッドシダーがおすすめな方は、以下のようなタイプの方です。

  • 雨の多い地域に住んでいる方
  • 湿度の高めの場所にサウナを設置したい方

ヒノキ(杉)木材の特徴

ヒノキには、以下のような特徴があります。

  • 熱伝導率が低く熱くなりにくい
  • 高価
  • 特有の香りでリラックス効果
  • 強度と耐朽性が高い

熱伝導率が低いため、サウナの中で熱くなりすぎません。

お風呂などによく使用されるように、水にも強いのが特徴的ですね。

香りの評価も高く、癒し効果も生み出します。

サウナ用の木材としても非常に向いていますが、唯一のデメリットは『高価である』という点ですね。

ヒノキがオススメな方は、以下のようなタイプの方です。

  • サウナ設置に高いこだわりがある
  • 耐久性の高いサウナを求めている
  • サウナに強く癒しを求めている